平成28年度 燕労災病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 12 37 35 116 181 514 784 955 228
平成28年度に当院を退院された患者様を10歳刻みで集計しています。
当院は小児科等がなく0歳~10歳代の入院患者様は少なく、逆に70歳~80歳代のご高齢の入院患者様が多くなっています。60歳以上の患者様は全体の約85%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 25.68 21.25 23.94 84.03
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 10.39 11.06 5.26 78.33
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 37 10.51 9.02 0.00 73.24
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 24.29 14.83 0.00 78.46
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 33 24.73 15.29 9.09 83.33
当院では誤嚥性肺炎、次いで胆管関連の疾病の症例が多くなっています。
平成28年度より肺炎の分岐が多岐にわたり、コード別の症例数では上位5位までには入りませんが、肺炎の病名では約190件の入院を受け入れています。肺炎はご高齢の患者様が多く重症化しやすいため、入院期間は20日を超える傾向にあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 98 23.88 17.95 10.20 84.32
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 32 29.41 19.86 15.63 80.97
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 11.44 11.38 3.13 78.38
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 12.67 13.02 0.00 67.59
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 4.10 4.71 0.00 69.90
循環器内科で最も多い症例は心不全です。平均年齢が80歳を超えるなど、ご高齢の方が多いことがわかります。
3番目にペースメーカー移植術や交換術を行う症例が多く、次いで狭くなった冠動脈を広げる治療(手術)を行った場合、心臓カテーテルによる検査等を行った場合が多い症例となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 15.00 15.92 0.00 71.53
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 8.87 9.08 0.00 80.27
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 13 18.23 17.65 0.00 70.38
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 13 8.62 6.82 0.00 68.15
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 11 8.27 6.91 0.00 57.18
当院では消化器外科及び乳腺・甲状腺の外科の症例が中心になっています。
手術の対象となる疾患は悪性腫瘍がほとんどで、結腸の悪性腫瘍、胃の悪性腫瘍が多くなっています。
その他の食道、十二指腸、小腸、直腸、肝臓、胆嚢・胆管、膵臓など腹腔内のあらゆる消化器の癌、そして乳癌、甲状腺癌に対し、手術を中心とした治療を行っています。また、悪性腫瘍に対する化学療法や放射線治療(リニアック)等も行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 12.48 9.87 9.52 73.19
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 16 29.13 20.18 31.25 69.50
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 22.54 19.35 7.69 70.92
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 17.40 7.52 0.00 64.00
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - - - -
脳梗塞の症例が多くなっています。回復期のリハビリテーションを専門とする近隣医療機関で引き続きリハビリ等を行う場合もあるため、他の疾患より転院率が高めになっています。
また、外科的治療を要する外傷性慢性硬膜下血腫等の症例が多くなっており、このうち約80%の症例が救急医療入院となっています。当院では、この症例をはじめ救急医療にも力を入れています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 50 23.26 16.54 30.00 69.72
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 31.41 19.35 45.45 70.41
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 27.17 16.73 22.22 76.28
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 17 5.18 5.24 0.00 65.59
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 20.21 18.76 7.14 79.00
脳梗塞、めまい等の患者様が多くなっています。脳梗塞の症例では、回復期のリハビリテーションを専門とする近隣医療機関で引き続きリハビリ等を行う場合もあるため、他の疾患より転院率が高めになっています。
その他、県央地域の神経内科の拠点病院として神経難病の患者様も受け入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 48 - 15 14 21 - 1 6,7
大腸癌 11 13 16 15 25 - 1 6,7
乳癌 - 13 - - - - 1 6,7
肺癌 - - 22 36 39 - 1 7
肝癌 14 - - - - - 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)について病期(ステージ)ごとに集計したものです。
UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた
①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移の状況、③遠隔転移の有無の
3つのカテゴリによって各がんを4つの病期(ステージ)に分類したものです。
ステージは数字が高くなるほど「進行しているがん」と表されます。

当院では、胃がん、大腸がん、肺がんの症例が多くなっています。
胃がんではStageⅠ(早期がん)とともにStageⅣの末期の患者様も多く、
肺がんではStageⅣの末期の患者様が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 19.88 56.13
中等症 111 19.03 78.07
重症 26 23.19 84.00
超重症 - - -
不明 - - -
成人(20歳以上)の肺炎患者様について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類(A-DROPスコア)により分類しています。
市中肺炎とは普段の社会生活を行っている中で罹患した肺炎のことです。
  
当院では中等症(重症度1及び重症度2)の患者様が多くなっています。
年齢が高いほど重症度が高く、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 10.43 76.57 6.25
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 214 39.51 76.14 33.61
その他 27 26.74 77.74 3.32
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では脳梗塞の患者様が最も多く、発症から3日以内の急性期の症例がほとんどです。
脳梗塞の症例では、回復期のリハビリテーションを専門とする近隣医療機関で引き続きリハビリ等を行う場合もあるため、他の疾患より転院率が高めになっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 53 1.26 12.21 1.89 76.94
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 37 2.30 7.81 0.00 73.35
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 18 1.72 6.78 0.00 74.39
K654 内視鏡的消化管止血術 17 0.47 16.47 0.00 67.29
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 0.07 1.00 0.00 75.43
胆道疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術や早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術等が多くなっています。
また、透析患者様に係る経皮的シャント拡張術・血栓除去術(透析シャント拡張術)も1泊2日の短期入院で行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 40 0.05 10378 2.50 70.38
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 27 2.89 8.41 0.00 76.81
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 16 3.00 4.69 6.25 70.06
K597-2 ペースメーカー交換術 10 0.90 7.8 10.00 82.00
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術、次いでペースメーカーの埋込みをする手術が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 37 0.97 2.84 0.00 67.51
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 1.60 5.80 0.00 67.75
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 14 1.86 12.43 0.00 68.79
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) - - - - -
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) - - - - -
鼠径ヘルニア手術が最も多く、次いで腹腔鏡下にて行う胆嚢摘出術、結腸悪性腫瘍切除術も多く行われています。
腹腔鏡手術は、通常の開腹手術に比べて傷が小さくすむので、術後の痛みが少なく患者様の回復も早いといったメリットがあります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 0.50 12.00 7.69 77.04
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
慢性硬膜下血腫に対する手術が最も多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 172 0.98 1.00 0.00 77.44
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
2泊3日で行う、白内障に対する水晶体再建術を多数行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 16 0.56
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 25 0.87
異なる - -
手術や処置等を行う際には一定の確率で感染症や合併症等の傷病が発生することがあります。
一覧は当院の感染症や合併症等の発生率を示したものです。
手術・術後の合併症の分類は、全体で25件となっており、透析シャント閉塞・機能低下等が19件、術後の吻合部狭窄等が6件などとなっています。
当院では、医療安全や感染症対策等の取組みを通して日々これらの発生率の減少に努めています。
更新履歴
2017/10/1
平成28年度 「病院情報の公表」ページの作成を行いました。