本文へジャンプ

診療のご案内

治療就労両立支援部

治療就労両立支援部について

  労働者健康安全機構では勤労者予防医療センター及び勤労者予防医療部で行ってきた予防医療活動に加え、平成26年4月から、新たに治療と就労の両立支援の取組を開始するため、「勤労者予防医療センター」及び「勤労者予防医療部」を、それぞれ「治療就労両立支援センター」「治療就労両立支援部」と改称し、以下の活動に取り組むこととしています。

1、予防医療モデル事業

 勤労者の健康確保を図るため、過労死(脳・心疾患)、勤労女性特有の健康障害等の発症予防及び増悪の防止に関する予防医療活動を通じて、事例の集積、集積した事例の分析・評価により効果的な予防法・指導法を開発するための調査研究を実施します。

2.治療就労両立支援モデル事業

 平成26年度から新たに、がん、糖尿病、脳卒中の罹患者及びメンタルヘルス不調者に対し休業等からの職場復帰や治療と就労の両立支援への取組を行い、事例を集積し、医療機関向けのマニュアルの作成・普及を行うこととしています。
 当燕労災病院でも、治療就労両立支援部を設置し、糖尿病及びがんの罹患者に対して、休業等からの職場復帰や治療と就労の両立支援への取り組みを行なうこととしております。ご質問、ご相談等がありましたら下記までお問い合わせください。

電話番号:0256-64-5111(燕労災病院医事課)


ページの先頭へ戻る