本文へジャンプ

診療のご案内

薬剤部

薬剤師の仕事は、調剤や薬剤の供給をはじめ、患者様や医療スタッフへの薬剤情報の提供など、くすりに係わる全ての事項について責任を持つことです。

当院薬剤部の主な業務について紹介します。

薬剤部の業務

【調剤業務】

処方箋に従い、調剤し患者様へ与薬する業務です。
内服薬だけでなく、注射薬の混合も薬剤師の仕事です。

【無菌調製業務】

患者様に安全な薬物療法を提供するため、輸液や抗がん剤を無菌の環境下で衛生的に混合調剤します。

【製剤業務】

市販されて無い、特殊な薬剤を調整する業務です。
つまり製薬会社の薬では無く、燕労災病院手作りの薬を作ります。

【薬剤管理指導】

入院された患者様を訪問し、服薬指導や副作用の早期発見をする業務です。
直接患者様へお話しする以外にも、重複処方チェック、相互作用チェックなど、患者様の薬物療法が効果的かつ安全に行われるように支援します。

【病棟薬剤業務】

入院時の持参薬を確認したり、入院中の使用医薬品の把握などを行っています。
患者様が適切な薬物療法を行えるよう支援しています。

【薬剤情報管理】

薬剤情報を収集し、関係職員へ情報を伝達たり、病棟薬剤師からの情報を収集する業務です。
たとえば、院内で薬害などの事例が発生した場合、厚生労働省への通達を医師へ伝達する橋渡しの役目を薬剤師が行います。

【薬薬連携】

病院と調剤薬局の薬剤師が情報を共有し、患者様が退院してからもシームレスな薬物療法を受けることができるように連携しています。

薬剤部の姿勢

労災病院では、外来患者様にはお薬相談窓口を設け、入院患者様には各病棟に薬剤師を配置しています。薬に関して不安や心配、お困り事があればお気軽に薬剤師にご相談ください。
「早く、安く、気持ちよく、そして安全に」治療が行えるよう努めていきたいと思っています。


ページの先頭へ戻る