本文へジャンプ

診療のご案内

看護部

燕労災病院は、新潟県県央の越後平野に立地しており、洋食器や金物の地場産業が盛んな地域です。当院は、1979年開院以来長期にわたり地域の中核病院としての役割を果たし、急性期医療、地域医療支援拠点として発展してきました。そして現在は、「心リハチーム」、「がんリハチーム」、「NST・口腔ケアチーム」、「コンチネンスチーム」などチーム医療の充実を目指しています。また、6分野の認定看護師による看護専門外来を開設しています。
看護部は、患者様の安心と安楽な「生活」を支えるために、多職種との連携を担い、地域との連携の和を大切にしています。

看護部長のメッセージ

私たち看護部は、『「思いやりの看護」「安心の看護」「信頼される看護」を提供します』を理念として、患者さんや地域の方々の健康や生活を意識した、あたたかい看護を提供できるように心がけています。また、多職種との情報交換を行い積極的にチーム活動に取り組み、高齢者や合併症リスクの高い患者様に丁寧に対応し、QOL維持・向上のために医療(看護)を展開しています。 なお6分野の認定看護師の看護外来についてはこちらをクリックしてください。

院内外の多職種と協働できるマインドを持ち、リソースを活かす職場をつくることに努力しています。地域との連携の和を大切に、地域との交流や学習会、そして市民公開講座など積極的に行っています。

教育体制は、クリニカルラダーによる充実した研修を行っています。看護専門職として専門性を追求できる研修体制を整えています。看護師同士の「語り合い」を大切にして、「信頼しあう関係」を築く環境を作りに取り組んでいます。あなたの成長を支援できる教育環境・職場環境です。
看護学生や看護師のみなさん、私たちと一緒に、あなたの思う看護を目指しませんか。

看護部長 渋谷紀美子


ページの先頭へ戻る