本文へジャンプ

診療のご案内

看護部紹介

■4階

■3階

■2階

脳神経外科・神経内科・眼科
中央手術室

■1階


外来診療部門

外来通院されている患者さん、ご家族の方は不安を抱えながら来院されているかと思います。私たち外来看護師は、患者さんやご家族の立場に立って、その人の人格や権利を尊重しながら、最善の医療を受けていただくためのサポートをしたいと考えています。

ページの先頭へ戻る

人工透析室

透析室はベッド数31台です。80名ほどの患者様が、月曜日から土曜日まで血液透析を行っています。患者様と一日おきにお会いするので、家族と過ごすようなアットホームな雰囲気の透析室です。
透析は毎日の自己管理(体重・シャント・血圧チェック)がとても大切です。私たちは医師・臨床工学技士と共に、患者様が自分の体を気づかい、安楽な透析治療が行えるように日々支援しています。時々愛のこもったカミナリも落ちますが・・・。

透析日程
月・水・金 日中 3時間・4時間・5時間透析
夜間 4時間・5時間透析
火・木・土 日中 3時間・4時間透析

※夜間透析も行っています。

帰省・旅行時の透析について
ご希望の方は、当院透析室までお問い合わせください。

お問い合わせ先
燕労災病院 透析室
電話番号:0256-64-5111(代表)
受付時間:月~金曜日(祝日、12/29~1/3は除く)8:15~17:00


ページの先頭へ戻る

手術室

中央手術室は無菌手術室を含め、6室あります。術後侵襲の少ない腹腔鏡を用いて行う外科手術も多く行っています。緊急性の高い手術の脳外科や、白内障・硝子体手術のできる眼科、内シャント造設を行う内科と、様々な手術を行っています。
手術室のスタッフの中には、手術看護認定看護師が2名在籍しています。手術看護外来も立ち上がり、安心して手術が受けられるよう支援していきたいと思っています。
担当医、麻酔医、臨床工学技士と私たち看護師とでチームを組み、安全で質の高い医療・看護が提供できるように頑張っていきたいと思っています。

ページの先頭へ戻る

2階東病棟

神経内科と眼科の混合病棟です。神経内科はALS(側索性筋萎縮症)やパーキンソン病などの神経難病の患者さまが多く、眼科は手術を必要とした白内障、網膜剥離などの患者さまが入院しています。視力低下や四肢の機能障害、嚥下障害などの症状があるため、安全な環境を整えるとともに、障害が受容できるよう心理状態に合わせた支援を行い、安心して在宅復帰できるよう地域と連携をとりながら退院調整を行っています。

ページの先頭へ戻る

3階西病棟

3階西病棟は外科、消化器・腎臓内科の混合病棟です。外科手術や内視鏡治療・検査などの急性期から、化学療法、放射線療法、ターミナルケア、透析導入などの幅広い病期の患者さまが入院しています。患者さまが安心して早期回復・退院ができるように多職種と連携したチーム医療を実践しています。また看護師は、患者さまと場の雰囲気に合わせたコミュニケーションを図りながら、気持ちに寄り添い共に考えていく看護を目指しています。

ページの先頭へ戻る

3階東病棟

3階東病棟は脳外科と神経内科の急性期病棟です。突然の脳血管障害で入院された患者さまや徐々に身体の自由を奪われる神経難病の患者さまが入院しています。患者さまやご家族さまの想いに添う気持ちを大切に、患者さまが前向きに闘病生活を送ることができるよう支援していきます。

<看護師ミーティング>

日勤から準夜勤へ、深夜勤へ、そして日勤へ、看護は24時間365日途切れることがありません。患者さまの手足の動きの状態や日常生活の情報、困っていることはないか、情報交換しながら看護が継続できるよう務めています。

<患者ケアカンファレンス>

医師、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー、薬剤師など多職種で毎週開催しています。患者さまの病状、治療方針、問題となることなど皆で情報共有し患者さまにとっての最善の方法をチームで検討しています。

ページの先頭へ戻る

4階西病棟

4階西病棟は、循環器内科と呼吸器内科の混合病棟です。
循環器内科は、急性心筋梗塞で緊急入院となる患者様や心臓カテーテル検査を目的に入院される患者様など多岐にわたります。入院中、安心して治療を受けていただき、退院後の生活を自分自身で管理できるようパンフレットを使用して、生活指導、栄養指導、薬の指導などを行っています。
呼吸器内科は、呼吸困難感を訴えて入院される患者様が多く、少しでも苦痛を和らげ、安全安楽に入院生活を過ごしていただけるよう、療養環境にも配慮し看護しています。在宅酸素療法導入の目的で入院されてくる患者様には、機械の操作に慣れるまで患者様のペースに合わせて説明し、安心して療養していただけるよう心がけています。医師、看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、医療福祉相談員、医事課など多くの職種でお互いに協力し、患者様の心に寄り添った看護を目指します。

ページの先頭へ戻る

4階東病棟

私たちの病棟は最上階にあり、朝日と弥彦山に沈む夕日がとてもきれいに見える血液と消化器、呼吸器の内科病棟です。県央地域で唯一、血液疾患の入院設備が整っています。無菌治療室は2部屋あり、安全で、安楽な入院生活が送れるよう調整しています。 胆石や出血性胃潰瘍、肺炎などは急な疼痛、症状の出現で発症し入院する場合が少なくありません。医師と薬剤師やリハビリスタッフ、医療相談員とカンファレンスを行い、チーム一丸となって頑張っています。安楽に過ごせていただけるよう「笑顔」の提供と患者様の思いに寄り添える看護に努めています。

ページの先頭へ戻る