本文へジャンプ

診療のご案内

中央検査部

□検査科メニュー

当検査部では病院の理念である地域医療への貢献に基づき、患者さんへより良い医療の手助けになれるよう、24時間、迅速で正確な情報の提供を心がけています。それでは各部門の主な業務内容を紹介します。

私たち臨床検査技師が行う「検査」は大きく次のように分けることができます。
患者さんから採取した血液、尿、穿刺液、分泌物、組織の一部などの測定を行う「検体系検査」と、心電図、肺機能、超音波など、生体を直接機器にて測定する「生体系検査」の二つに大別されます。

検体検査

検体検査             

【一般検査】

主に尿や便など、自然排泄されるものを検査材料としています。
尿検査にはよく知られている尿蛋白、尿糖、潜血などがあり、患者さんの負担が少なく、色々な情報を得ることができる検査です。
尿沈査は顕微鏡を用い、尿中に含まれる細胞などの成分を調べる検査です。糞便の潜血反応は、簡単にできる検査になりますが、大腸がんの検査としては大変有用な検査です。

【血液検査】

血液検査

患者さんの血液中の赤血球・白血球や血小板などの数、ヘモグロビンの量、血液凝固関連物質などを測定し、貧血や炎症の状態や出血傾向を把握、また血液の悪性疾患(白血病)などに関連した検査も行います。





【生化学・免疫・血清検査】

生化学・免疫・血清検査

生化学検査では、血液中の脂質(コレステロール・中性脂肪・善玉コレステロールなど)、蛋白、酵素(AST・ALT・γ-GTPなど)、電解質(Na・K・Clなど)を自動分析装置で測定しています。 免疫検査は、血液中のホルモン、腫瘍マーカーや感染症マーカーなどを測定しています。



【細菌検査】

細菌検査

喀痰・便・尿などの採取された検査材料を培地(菌を発育させるための特殊な寒天)に塗り、37℃で一晩発育させ、病原微生物の検出や、検出された病原微生物に治療に効果の期待できる薬剤を調べる薬剤感受性試験を行っています。



【輸血検査】

輸血検査

輸血検査では、ABO式、Rh式血液型や交差適合試験(患者さんへ安全に輸血用の血液が適合するか調べる検査)、不規則性抗体検査(事前に血液中に輸血用血液と何らかの反応を起こす抗体が無いか調べる検査)等、輸血に関する検査、管理を行っています。



ページの先頭へ戻る

生理機能検査

生理機能検査

心電図検査・呼吸機能検査・脳波検査・超音波検査などを行っています。

特に循環器疾患に対する検査は充実しており、心電図の他にも、超音波を使って心臓の動きや弁の働きを診る心エコー検査、運動中の心電図の状態をみるトレッドミル検査や、24時間の心電図を記録できるホルター心電図検査などを行っています。





生理機能検査

また、循環器科の医師が実施する心臓カテーテル検査では、心拍出量など、心臓の働きを測定する検査を担当し、医師や放射線技師、看護師とチームを組んで働いています。

ページの先頭へ戻る

病理検査

病理診断には以下の3つの大きな業務があります。

生理機能検査
  • 組織診断・細胞診:内視鏡やCT下に患者様から採取された微細な細胞・組織を顕微鏡で調べ、良悪性等の最終的な判断をします。
    手術で摘出された臓器については、癌であればその進行度や悪性度を最終的に決定し、手術後の治療方針に役立てます。
  • 術中迅速病理診断:手術中に提出された検体について、良悪性の判定や病変がきちんと取りきれているかどうかの判定をし、手術方針に役立てます。
  • 病理解剖:不幸にして亡くなった患者様の解剖をさせていただき、その死因の解明や、生前に行われた治療の妥当性や効果を検討して今後の医療に役立てます。

病理は上記のように、医療の中で非常に重要な役割を担っており、正しい医療が行われているかどうかを審判する立場にあります。
病理標本を通して患者様を診ている『影の主治医』といっても過言ではありません。


ページの先頭へ戻る