本文へジャンプ

診療のご案内

中央リハビリテーション部

□中央リハビリテーション部メニュー

理学療法、作業療法、言語聴覚療法の三部門があり、種々の疾患で身体や言語に障害を生じた方の機能回復に努め、QOL(Quality Of Life:生活の質)の改善を目指す部門です。

【リハビリテーション部の理念】

  • 働く人々と地域の人々に最善のリハビリテーションサービスを提供します

【リハビリテーション部の基本方針】

  • 地域の中核病院として、急性期からのリハビリテーションを実施します。
  • 安全で質の高いリハビリテーションを目指します。
  • 勤労者の健康増進と職場復帰を支援します。
リハビリテーション科受付

リハビリテーション部受付

【リハビリテーション部の特徴】

リハビリテーション科は、充実したスタッフと設備をそろえ、総合的なリハビリテーションサービスを提供しています。

当科では、各診療科と連携し、発症(受傷)後早期からのリハビリテーションに取り組み、早期の社会復帰を目指しています。
私たちは、患者様一人一人の「QOL(Quality Of Life = 生活の質)」向上を目指し、全ての医療スタッフがチームを組んで、診療を行います。
また、「勤労者医療総合センター」と連携して、メタボ改善セミナー(生活習慣改善教室)や人間ドックでの指導、勤労者の腰痛予防対策など、勤労者の予防医療に積極的に取り組んでいます。

当科では、院内の診療のみでなく、燕市をはじめとする自治体や、近隣の医療機関、福祉機関等と連携をとりながら、障害を持ちながら地域で暮らす方々の在宅生活支援にも力を注いでいます。

■スタッフ
理学療法士・7名
作業療法士・4名
言語聴覚士・2名
受付事務・1名
■施設
運動療法室
フィットネスルーム
物理療法室
水治療法室
屋外訓練場
作業療法室I(軽作業)
作業療法室II(重作業)
日常生活動作訓練室
言語聴覚療法室
言語聴覚療法室II
集団療法室

ページの先頭へ戻る

理学療法(PT)

身体機能、動作能力の向上を目指し、筋力増強運動、バランス練習、歩行練習等の治療を行います。
対象疾患は、脳血管障害、四肢外傷、神経疾患などによる身体運動機能障害です。

理学療法室

理学療法室

フィットネスルーム

フィットネスルーム

屋外訓練場

屋外訓練場

物理療法室

物理療法室

ページの先頭へ戻る

作業療法(OT)

  • 当院では、脳血管疾患・神経疾患・内科疾患・外科疾患・整形外科疾患に対して、病気やけがの初期段階で、早期より離床を進め、日常の生活に必要な支援を行います。
  • 食事やトイレ等の日常生活動作練習及び作業活動を通じて生きがいつくりに即した支援を致します。新たな生活を想定しての練習、生活に便利な福祉用具の選定、住宅改修等の支援を行います。
  • 重度障害者意思伝達装置等の導入の支援を行います。
作業療法室(その1)

作業療法室(その1)

作業療法室(その2)

作業療法室(その2)

ページの先頭へ戻る

言語聴覚療法

個人・集団訓練を行いながら、主に効果的なコミュニケーション能力・話し言葉の改善及び摂食嚥下機能の向上などを目指します。
対象疾患は、主に脳血管障害・神経疾患・外傷などによる失語症、運動障害性構音障害、摂食機能障害です。


ページの先頭へ戻る