本文へジャンプ

診療のご案内

神経内科

神経内科という科は脳、脊髄、筋肉、末梢神経などに病気がある患者様について、その原因が何かを考えて治療する科です。
したがって、目に見える神経・筋肉を専門に診る内科であって、こころを診る精神科、神経科、診療科とは異なる分野の科です。

神経内科の外来で多い症状は頭痛、めまい、手足のしびれを訴える患者様です。これらの症状に対して、その原因を探り、それに基づいて有効な治療をします。
また、意識障害、認知症、脳卒中、てんかん、神経系の感染症(髄膜炎、脳炎など)や、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症などの、国が治療法の確立していない病気として定めている神経難病を診断し、できる限り治療・援助をしています。

たとえば、あるホルモンのバランス悪いと手が震えたり、糖尿病で手足がしびれたり、数は少ないのですが体のどこかに癌があるときにふらつきが生じたり、体の中で何かのバランスが崩れた時に神経症状となって出てくることがあります。

神経内科は神経系のみならず、体のどこに病気が潜んでいるかを見極めるのが得意な科です。
最近体がふらつく、頭痛がする、手足がしびれる、震える、物忘れがひどい、体に力が入りにくいなどの症状が続く時は、一度神経内科を受診することをお勧めします。

診療体制など

当院では、日本神経学会が認定する神経内科専門医3名(常勤2名・非常勤1名)に加えて、精鋭の若い神経内科医1名で外来診療をしており、また必要なケースでは入院していただき検査・治療を行っています。
入院病棟は2階東病棟と3階東病棟です(病棟の詳細は看護部の“2階東病棟のページ”と“3階東病棟のページ”を参照してください)。

◆ 担当医師
【担当医師名】 【卒業年次】 【専門医・認定医等】
眞島 卓弥 平成15年 日本神経学会:神経内科専門医・指導医
日本内科学会:総合内科専門医 
関根 有美 平成17年 日本神経学会:神経内科専門医
日本内科学会:内科認定医
樋口 陽 平成19年 日本内科学会:内科認定医

ページの先頭へ戻る