本文へジャンプ

診療のご案内

外科

当院は労災病院ですので、外科というと外傷あるいは労働災害の外科というイメージがありますが、実際のところ、一般病院における対象疾患の分布とそう変わりはありません。

したがって、当院外科でも消化器外科および乳腺・甲状腺の外科を専門にしています。
そして、手術の対象となる疾患は悪性腫瘍(癌)がほとんどで、食道、胃・十二指腸、小腸、結腸、直腸、肝臓、胆嚢・胆管、膵臓など腹腔内のあらゆる消化器の癌、そして乳癌、甲状腺癌に対し、手術を中心とした治療を行っています。

治療の基本方針など

当科では、現時点における各疾患に対する標準治療を正確かつ安全に行うことを基本方針としております。術前治療、標準手術、術後補助療法を中心とした集学的治療を行える環境が整っています。

また、私達は癌の治療において、癌の根治を目指すのはもちろんですが、同時に患者様のQOL(quality of life)=「生活(生存)の質」を考慮した治療も心がけています。
早期の癌に対しては、内視鏡的切除(胃カメラ、大腸カメラで癌を切除)や縮小手術を行い、それによって高いQOLが得られるように努めています。
近年、一般的になりつつある腹腔鏡手術にも積極的に取り組んでいます。通常の開腹手術に比べて傷が小さくすむので、術後の痛みが少なく患者様の回復も早いといったメリットがあります。

化学療法(抗癌剤点滴)が必要な方には、標準的治療が不足なく安全に受けられるようレジメン(薬のメニュー)を管理しています。通院の患者様には外来化学療法室を完備し、安全、快適な環境で治療を受けていただけるよう努力しています。

病気の進行により、残念ながら根治が難しい方もいらっしゃいます。患者様、ご家族様と十分話し合ったうえで、疾患の治療を継続すると同時に、患者様が少しでも苦痛が軽減し、希望と安心が得られますように、医療者として、人間としてできる限りのことをさせていただきます。

診療実績など

外科における年間の手術件数は400件です。スタッフの所属する学会も、外科学会、消化器外科学会、胃癌学会、癌治療学会、消化器内視鏡学会、乳癌学会など多数で、積極的に参加し、新しい情報を得るようにしています。
さらに、新潟大学医学部消化器外科・一般外科、産業医大第一外科、東京女子医大麻酔科からの協力も得られ、安全で質の高い手術を行っております。

外科のある3階西病棟は外科、腎臓内科で構成されています。
医師、看護師を中心とし、薬剤師、リハビリスタッフ、認定看護師などが出入りし、手術患者および抗癌治療を受けている患者様、そして緩和ケアを受けている患者様のケアに励んでいます。
中規模病院ですので、“顔のわかる”スタッフ間の緊密な連携が、安心できる医療を患者様へ提供できることにつながると考えています。

◆ 担当医師
【担当医師名】 【卒業年次】 【専門医・認定医等】
二瓶 幸栄 平成3年 日本外科学会:外科専門医
がん治療認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
中塚 英樹 平成7年 日本外科学会:外科専門医・指導医
日本消化器外科学会:消化器外科専門医・指導医
がん治療認定医
臨床研修指導医
沢津橋 孝拓 平成17年  

ページの先頭へ戻る