本文へジャンプ

院長 鈴木 幸雄

院長挨拶

院長 鈴木 幸雄

院長 鈴木 幸雄

燕労災病院は、新潟県の県央地域における「労働災害医療・勤労者医療」と「地域住民の医療」を担う病院として、昭和54年に設立されました。以来、地域の医療ニーズに対応するため、医療設備や診療体制の充実を図ってきたところです。

当院では、地域から求められている救急医療、がん、手の外科、心疾患、消化器疾患、呼吸器疾患、脳疾患、生活習慣病、人工透析、リハビリテーションに関する治療をはじめ、病気の早期発見のための定期健康診断、人間ドック、特殊健診、さらには病気の未然防止のための健康管理指導、過労死予防指導などに関して良質の医療を提供するよう努めております。

今後とも、安全で質の高い医療と思いやりのある看護を提供するために、地域の皆さまの声に耳を傾け医療サービスの向上に反映させるとともに、他の医療機関や福祉施設、企業、自治体とも連携を図りながら効果的な医療を提供することにより、健康な生活を続けていける地域づくりに貢献していきたいと考えております。

そのためには、職員が働きがいを感じながら十分な能力を発揮することができ、家庭や地域で尊敬されるような存在であることが最も重要であると考えております。院長としては、病院の職場環境や人材育成の充実に全力をあげてまいりますので、皆様からのご意見やご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

病院概要

名称
独立行政法人労働者健康安全機構 燕労災病院
開設者
独立行政法人労働者健康安全機構 理事長 有賀 徹 
管理者
院長 鈴木 幸雄
開院
昭和54年6月1日
病床数
300床
診療科目
内科、神経内科、循環器内科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科
その他
勤労者医療総合センター(地域医療連携室、研究センター、治療就労両立支援部)
勤労者手の外科センター
健康診断部(人間ドック、脳ドック、定期健康診断、他)

基本方針

燕労災病院の医療理念

  • 働く人々と 地域の人々のために最善の医療を目指します。

燕労災病院の基本方針

  • 安全で質の高い医療の提供を目指します。
  • 勤労者の健康管理を支援します。
  • 医療に関する教育・研修を支援します。
  • 地域の人々の健康を守り、福祉に寄与します。

患者さんの権利と責務

  • 平等に良質で安全な医療と看護を受ける権利があります。
  • 自分自身に関わる検査や治療に対して、自己決定の権利と共に情報の提供を受ける権利があります。
  • 人格と意志が尊重され、人間としての尊厳を守られる権利があります。
  • プライバシーを尊重される権利があります。
  • 診療に関する記録について、開示を求める権利があります。
  • 自分自身の病気に対し他の医師に意見を聞く(セカンドオピニオン)権利があります。
  • 自らの健康に関する情報をできるだけ正確に、医療従事者に伝える責務があります。
  • 良質で安全な医療を適切に受けるために、病院の規則を守り、他の患者さんや職員に迷惑をかけないよう配慮する責務があります。

勤労者医療について

勤労者医療とは

燕労災病院は、被災労働者に対する医療活動をするとともに、勤労者の健康問題に予防面からサポートするため、働く方々のための医療「勤労者医療」を積極的に行う体制を整えております。

勤労者医療総合センター

平成16年4月1日に設置しました。詳細は下記をご覧ください。

設置日
平成16年4月1日
勤労者医療総合センター長
鈴木 幸雄 院長

勤労者総合センターは次の3部門で構成されています。

I 研究センター

3領域9テーマ研究について別ウインドウで開きます

II 地域医療連携室

地域医療連携室は、地域の医療機関が機能を分担し、質の高い医療を提供するため、地域の「かかりつけ医」からの紹介患者の予約受付と、院内各科との連絡調整や医療機関との連絡を行います。これまで医事課内に設置されていた病診連携室を当センター内に移設し、地域医療連携室と名称を変更し、新たにスタートさせました。

従来どおりFAXによる診療予約、病診連携を充実させていきます。

詳細はこちら

III 治療就労両立支援部

詳細はこちら


ページの先頭へ戻る